重要なのは「その余白」

重要なのは「その余白」

見やすく分かりやすいインデントの活用


前回の記事|PowerPointで文章をキレイに魅せるの中に「さらに見やすく工夫」と称して、インデントを活用したサンプルイメージを挿入しました。

インデントは文章(段落)の左端をきれいに揃えることができる機能です。まずはよくある「あまりよろしくない例」を見ていきましょう。

indentation01
  • 箇条書きや段落番号を直接入力している
  • 空白スペースで文章の左端を揃えようとしている

このようにある意味、力技で揃えようとしてもなかなか上手く揃えることができず、またPowerPointのデータをだれかと共有をするような時には、その力技が災いして、レイアウトが大きく崩れることがあります。

そうならない為にも、何より見やすく分かりやすいPowerPointデータを作成するためにはインデントが欠かせません。

PowerPointで箇条書きをマスターする


まずは箇条書きから見ていきましょう。ダラダラとした長い文章より、端的に要点をまとめた箇条書きであれば、読み手に分かりやすく意図を伝えることができます。また段落番号にすれば、いくつのことが書いてあるのかが、直感的に一目でわかるようになります。

PowerPointはプレゼンテーションの資料を作成するためのアプリケーションですから、箇条書きは機能として備わっており、下図のボタンをクリックするだけで、簡単に設定できます。

indentation02
箇条書きを設定しただけでは、下図のように文章の左端が揃わないことがあります。そこでルーラー上にある上向きの△をドラッグしてインデント位置を変更し、文章の左端を揃えます。

indentation03
文字を揃えるには、1行目インデントやぶら下げインデント、またタブなどたくさんの機能がありますが、この箇条書き設定後のインデントだけでも、十分にキレイな段落作成ができます。

PowerPointで上向きの△をドラッグしてインデント位置を変更する時の余白の程度は、詰まりすぎず開けすぎず、1文字前後の余白間隔がよろしいでしょう。

indentation04

最後にもうひと工夫


インデントで文章の左端をキレイに揃えることができました。さらに右側も揃えておきます。揃えたい段落を選択しておき、両端揃えのボタンをクリックします。

indentation05 indentation06
また箇条書きでは、段落番号の色のみを変更したり、自身で作成した画像を箇条書きに設定することもできます。PowerPointで作成する資料にちょっとした工夫をするだけで、読み手を惹きつける魅力的な資料が完成します。

indentation07
PowerPointで資料を作成するとき、位置だけでなく、色やレイアウトも揃えていくと、統一感が生まれます。ぜひビジネスシーンで活用してみてください。


関連する研修


PowerPoint(パワーポイント)研修
PowerPoint2013(パワーポイント2013)研修
プレゼンテーション実践研修

この記事を書いた人

吉野竜司|Ryuzi Yoshino株式会社アイクラウド 代表取締役CEO

Web2.0に始まるインターネットの可能性と、進化し続けるデバイスのその先を予見し、よりよいサービスや新しいビジネスを模索。

今もっとも気になることは「AppleのIoT」と「キャラメル味のイロイロ」。

吉野竜司|Ryuzi Yoshinoの投稿一覧を見る
吉野竜司

新着記事

よく読まれている記事

Webマーケティング資格問題集

デジタル分野のマーケティング資格を、
問題形式で学習できるアプリが登場しました。

ウェブマーケティング研修 Googleアナリティクス研修 ウェブ解析資格対策 ウェブ制作研修 開発/プログラミング研修 マイクロソフトオフィス研修 プレゼンテーション研修

研修に関するご質問」「ご相談」「お見積り

研修に関するご相談、お見積りのご依頼など、下記までお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ