国から支給される助成金を活用して、I T・ウェブ人材の育成をしませんか?

例えば、助成金を活用して弊社のホームページ「集客」講座を受講した場合

  1. 支給される助成金
    2,493,850
    ※満額支給された場合
  2. 受講1名さまの場合
    料金 321,840
  3. 実際にかかる費用
    0
    (+2,172,010円)

講座料金を差し引いた2,172,010円多く支給されます

※助成金の支給条件はお客様の事情等により異なります。上記助成金額は満額支給された場合の例となります。

でも、受給には特別な条件を満たしたり
面倒な手続きが必要なのでは...?

そこで「助成金活用術セミナー」では、上記の不安や疑問を解決し、
実質0円で貴社のIT・ウェブ人材育成を実施する方法をご説明します。

無料セミナーに参加してみる

対象者:経営者さま、経営企画・総務部などの教育担当者さま

東京セミナー開催日程

日程地域時間会場定員受付状況
2017726日(水) 中央区 14:00~16:00受付 13:30~ 東京都中央区八重洲2-3-14
ケイアイ興産ビル
ビジョンセンター東京301
30名

終了

2017821日(月) 中央区 14:00~16:00受付 13:30~ 東京都中央区八重洲2-3-14
ケイアイ興産ビル
ビジョンセンター東京301
30名

参加してみる

2017829日(火) 中央区 14:00~16:00受付 13:30~ 東京都中央区八重洲2-7-12
ヒューリック京橋ビル7F
ビジョンセンター東京別館704
30名

参加してみる

201794日(月) 中央区 14:00~16:00受付 13:30~ 東京都中央区八重洲2-7-12
ヒューリック京橋ビル7F
ビジョンセンター東京別館704
30名

参加してみる

広島セミナー開催日程

日程地域時間会場定員受付状況
2017713日(木) 広島市 14:30~16:30受付 14:00~ 広島市南区東荒神町3-35
広島インテリジェントホテル
広島オフィスセンター7F
第1会議室 ※駐車場なし
40名

終了

201784日(金) 広島市 14:30~16:30受付 14:00~ 広島市南区東荒神町3-35
広島インテリジェントホテル
広島オフィスセンター7F
第1会議室 ※駐車場なし
40名

参加してみる

沖縄セミナー開催日程

日程地域時間会場定員受付状況
2017719日(水) うるま市 13:30~15:30受付 13:00~ 沖縄県うるま市字州崎14 -17
沖縄IT津梁パーク内中核機能支援施設
A棟1階 第1、第2会議室
※駐車場無料
40名

終了

2017721日(金) 那覇市 13:00~15:00受付 12:30~ 沖縄県那覇市小禄1831-1
沖縄産業支援センター 305号室 ※駐車場無料
40名

終了

201789日(水) 那覇市 14:00~16:00受付 13:30~ 沖縄県那覇市松尾1-6-1
共済会館 八汐荘内 小会議室
※駐車場無料
20名

参加してみる

業務効率を上げる、事業成果を出す、コストを下げる
助成金を利用して、この講座が受講できます!

ホームページ「改善」講座

5日間コース

1名さま298,000円(税抜)

カリキュラムをみる

ホームページを改善し、成果を上げるための知識と技術を学ぶ講座です。ホームページの現状把握と課題点を抽出し、改善施策を自ら考え打ち出すことで成果の上がるデジタルマーケティングを短時間で学ぶトレーニングです。

ホームページ「集客」講座

5日間コース

1名さま298,000円(税抜)

カリキュラムをみる

ホームページを集客するために、検索エンジン最適化(SEO)、ウェブ広告(検索連動型広告やディスプレイ広告など)、ソーシャルメディアから集客を増やすための知識と技術を学ぶトレーニングです。

Googleアナリティクス講座

5日間コース

1名さま298,000円(税抜)

カリキュラムをみる

ホームページ分析の代表的なアクセス解析ツールであるGoogleアナリティクスのメニュー操作(ユーザー、集客、行動、コンバージョン)と用語、分析視点やKPI設計の方法を実践的に学ぶトレーニングです。

平成26年1月から平成26年12月の間に
実施した研修のアンケート結果

満足度97%のIT育成講座。
知識と技術を実務に活かせる
即戦力を育てます。

株式会社アイクラウドは、デジタル領域で活躍できる人材育成を専門にした教育会社です。
さまざまな企業さまの研修にて、主にWebマーケティング、コスト削減や業務効率化をあげるためのコンピューター研修を提供しております。東京・大阪・名古屋・福岡・沖縄を中心に1,000社以上20,000名以上の実績を獲得!受講された方の97%から「とても満足した」との声を頂いております。

講座受講者の声

具体例がたくさんあってとても分かりやすかったです。実務に直接的に必要な項目をはっきりと示してくれて、実践的だと思いました。演習で考える時間もあり、学んだ事を応用して活かす方法を考えることができました。

復習、確認をしながら講義を進めていただけるので、忘れてたことを思い出せ、理解がより深まりました。グループワークも非常に実りがあると感じ、改善できそうなことを分析で導きだせて楽しかったです。

講座はすごく分かりやすく説明いただき理解できました。本を読むだけでは絶対に理解できなかったと思います。難しいながらも講座を受けて良かったと思います。復習して実践しながら活用できるようにしていきます。

ウェブの解析1つでも様々な要素が交わっていてとても楽しく思いました。聞いたことがなかった事、初めて理解して「なるほど!」と感動した事が多々あり、新鮮な気持ちで受講できました。この講座を受けて本当に良かったです。

自社サイトの今後の幅が広がりそうな発見が多くありとても嬉しかったです。本当に分かりやすく楽しい講義で受講できてよかったです。

グループ学習をした事で第三者目線の意見や考えをもらえることができ自社のWeb の改善ヒントを見つけることができました。自社に戻って共有したいと思います。

もっと見る

アイクラウドが選ばれる3つの理由

理由その1

国内でもっとも多く、
ウェブ解析士を育成・輩出。

2010年よりスタートしたウェブ解析士認定講座は、2015年3月時点で国内の合格者数が10,000人を超える注目の資格となっています。
その中でアイクラウドは、国内最多のウェブ解析士を育成・輩出(*1)しており、個人さま向けの講義はもちろん、自社の強みである企業研修を活かした数十~百名規模の講義も数多く成功させています。

(*1)ウェブ解析士協会、2014年の最新データに基づく

ウェブ解析士の合格者は10,000人を突破

理由その2

専門性の高い、
一流の講師が講義を担当。

アイクラウドのウェブ解析士講座は、単なる資格取得を目的とした講座ではありません。実務に活かせてこその資格だと私たちは考えています。そのため、講義は上場企業をはじめとした多数の企業でウェブ解析を行う現役の講師が担当します。資格対策はもちろん、その後の実務でどのようにウェブ解析士として貢献できるのか、結果を出せるのか、そこまで考えられた講義です。

理由その3

全国どこへでも講師派遣。
講義・試験会場を選びません。

研修会場は東京・大阪・名古屋・福岡を中心に、全国各地にて実施。これまで地理的な条件で研修の実施を先延ばしにしてきた、半ばあきらめていた企業さまに大変喜ばれるサービスです。
最寄りの会場で受講できるので、遠方の場合の移動時間・コストを抑えられます。

北海道から沖縄まで全国で研修を実施

あらゆる業種の企業さまが受講しています!講座で得られるメリット

こんな企業さまにオススメです

  • 社員の人材育成に力を入れたいが研修費用をかけたくない。
  • ウェブ担当者を育てたい/増やしたい。
  • 社内のウェブ制作、ウェブ広告運用などを外注から内製化したい。
  • 集客/問い合せ/新規顧客/売上を増やしたい。
  • ブランディングを強化したい。
  • 効率的に営業活動を強化したい。
  • 事業/業績を拡大したい。

なにが解決するの?

  • 助成金を活用することで研修費をかけずに社内の人材育成を行えます。研修費用以上に多く戻せることも可能です!
  • 用語を理解することで、ウェブ部門や取引先との円滑なコミュニケーションを図れます!
  • ウェブページに訪れるお客さまの情報、行動履歴データの分析で自社商品の改善開発などができる!
  • ウェブからの集客、お問い合せを増やしウェブからの売上を上げる仕組みがわかります!
  • ウェブ制作会社を通さずウェブ制作、運営ができるのでコスト削減もできる!
  • 外部に依頼していたウェブ広告運用を自社で行うことができコスト削減もできる!
  • 顧客視点で戦略的なウェブサイト運営ができる!
  • 放置していたホームページをどうすれば良くなるかを解決できる!
  • SEOを考慮しながらウェブサイト更新が自社でできる!

ご参加企業の声

丁寧な説明でわかりやすく、ウェブでできることの幅が広がりました!

弊社はウェブサイトの企画提案から運用サポートまで、日々ウェブサイトに接触する時間が多い職業です。スマホやSNSが普及しユーザー行動の分析など、ウェブサイトを重要視する企業様さまも多くなってきました。そんな中、ウェブ解析に必要な基礎知識や、分析を実践的に学べる今回の講座は、日々の業務にもすぐに反映できる内容で、講師の方の活用事例やアドバイス、また専門的な用語もひとつひとつ丁寧に説明していただき、ウェブ解析で出来る幅がものすごく広がっていきました。12日間で習得できる今回の講座は、実店舗と同じように集客し人の動きを分析、改善する仕組みを身につけることができ、またクライアントへ正しい情報として提供することのできるよい機会でした。

株式会社木立
平良さま

未経験×短期成長×知識定着!さらに通わせやすい日程開催。
講座費用以上に助成金も戻るので、経営者として即断でした。

ウェブ業界内の目から見ても、これほど充実したカリキュラムは他にありませんでした。また、社員への専門教育を委託し、不在時の業務負担や本人の給与保証などは経営者にとって即断しかねるものでしたが、助成金が講座費用以上に戻ってくることで即断でき、さらに申請に関わる作業負担も社労士さんにサポートいただけたので、苦労は全くありませんでした。社員は新しい知識を得てすぐに仕事に生かしており、職場のモチベーションアップにも貢献してくれています。今後は、この教育スキームを確りと社内に定着させると共に、資格取得などの目標達成で社員全員が成長実感をもって、個人と会社の未来を創っていきたいと思います。

株式会社木立代表取締役
三木さま

助成金ってどのぐらい支給されるの?
助成金のご活用例

従業員がホームページ「改善」講座(5日間)を受講した場合

  • 受講1名さまの例

    料金321,840

  • もらえる助成金概算

    2,493,850

  • 差額

    2,172,010

    助成金の方が多い!!

  • 受講2名さまの例

    料金643,680

  • もらえる助成金概算

    2,493,850

  • 差額

    1,850,170

    助成金の方が多い!!

※助成金の支給条件はお客様の事情等により異なります。上記助成金額は満額支給された場合の例となります

従業員がホームページ「集客」講座(5日間)Googleアナリティクス講座(5日間)を受講した場合

  • 受講1名さまの例

    料金535,680

  • もらえる助成金概算

    2,493,850

  • 差額

    1,958,170

    助成金の方が多い!!

  • 受講2名さまの例

    料金1,071,360

  • もらえる助成金概算

    2,493,850

  • 差額

    1,422,490

    助成金の方が多い!!

※助成金の支給条件はお客様の事情等により異なります。上記助成金額は満額支給された場合の例となります

満席が予想されますのでお早めにお申し込みください!
まずは「助成金活用無料セミナー」にご参加ください。

  • 助成金を最大限に活用して
    人材育成で業績拡大を目指せる
  • 育成費用の最大10倍以上も戻せる!
    助成金活用術無料セミナー

※デジタル人材の育成を低コストで実現できる方法をお伝えします。社内教育のご担当者さま向けとなります。
対象者:経営者さま、経営企画・総務部などの教育担当者さま

東京セミナー開催日程

日程地域時間会場定員受付状況
2017726日(水) 中央区 14:00~16:00受付 13:30~ 東京都中央区八重洲2-3-14
ケイアイ興産ビル
ビジョンセンター東京301
30名

終了

2017821日(月) 中央区 14:00~16:00受付 13:30~ 東京都中央区八重洲2-3-14
ケイアイ興産ビル
ビジョンセンター東京301
30名

参加してみる

2017829日(火) 中央区 14:00~16:00受付 13:30~ 東京都中央区八重洲2-7-12
ヒューリック京橋ビル7F
ビジョンセンター東京別館704
30名

参加してみる

201794日(月) 中央区 14:00~16:00受付 13:30~ 東京都中央区八重洲2-7-12
ヒューリック京橋ビル7F
ビジョンセンター東京別館704
30名

参加してみる

広島セミナー開催日程

日程地域時間会場定員受付状況
2017713日(木) 広島市 14:30~16:30受付 14:00~ 広島市南区東荒神町3-35
広島インテリジェントホテル
広島オフィスセンター7F
第1会議室 ※駐車場なし
40名

終了

201784日(金) 広島市 14:30~16:30受付 14:00~ 広島市南区東荒神町3-35
広島インテリジェントホテル
広島オフィスセンター7F
第1会議室 ※駐車場なし
40名

参加してみる

沖縄セミナー開催日程

日程地域時間会場定員受付状況
2017719日(水) うるま市 13:30~15:30受付 13:00~ 沖縄県うるま市字州崎14 -17
沖縄IT津梁パーク内中核機能支援施設
A棟1階 第1、第2会議室
※駐車場無料
40名

終了

2017721日(金) 那覇市 13:00~15:00受付 12:30~ 沖縄県那覇市小禄1831-1
沖縄産業支援センター 305号室 ※駐車場無料
40名

終了

201789日(水) 那覇市 14:00~16:00受付 13:30~ 沖縄県那覇市松尾1-6-1
共済会館 八汐荘内 小会議室
※駐車場無料
20名

参加してみる

セミナー内容

1 . 貴社でも使える!?助成金制度について
  • 活用する助成金について
  • 助成金をご活用の条件
  • 助成金の申請方法/申請安心サポートについて
  • 助成金支給への流れについて
2 . なぜ費用以上に戻せる!?
  • 助成金の最大活用術をお伝えします
  • 育成費用の最大10倍以上、助成金が戻せる活用術
  • 助成金のご活用の流れ
  • 人材育成の研修プログラムのご紹介
3 . カリキュラムのご説明

講座カリキュラムをご説明いたします。

4 . 質疑応答

ご不明な点をご質問ください。

助成金活用術無料セミナーではデジタル人材の育成を低コストで実現できる方法をお伝えします。当セミナーは経営者さま、経営企画・総務部などの社内教育ご担当者さま向けの内容となっております。

株式会社アイクラウド代表取締役富田一年(トミタカズトシ)

講師プロフィール

株式会社アイクラウド
代表取締役
富田一年(トミタカズトシ)

  •  WACA認定 上級ウェブ解析士
  •  WACA認定 ウェブ解析士マスター
  •  JMLA認定 上級マーケティング解析士
  •  米国Google認定 GAIQ(*1)(認定資格ID:01057297)

(*1) Google Analytics Individual Qualification

充実したオリジナルカリキュラム

5日間コース

1名さま298,000円(税抜)

321,840 円(税込)

ホームページ「改善」講座

ホームページを改善し、成果を上げるための知識と技術を学ぶ講座です。ホームページの現状把握と課題点を抽出し、改善施策を自ら考え打ち出すことで成果の上がるデジタルマーケティングを短時間で学ぶトレーニングです。

ホームページ「改善」講座:カリキュラム①

1日目、2日目:ウェブ解析

概要 学習項目
Chapter 1.
ウェブ解析の役割と事業分析
  • ウェブ解析はWebマーケティングの重要スキル
  • ウェブ解析とは
  • ウェブ解析の範囲
  • まずは事業の把握をしましょう(3C,4P,5F)
  • 演習:3つの要素を分析する3C
Chapter 2.
KPIと計画立案
  • 事業成果をあげるための重要な指標(KGI,KPI,KSF)
  • ツリー構造でKPIを設計し、施策を考える
  • サイト目的の明確化
  • リードジェネレーションサイトの計画立案
  • 問題:リードジェネレーションサイトの計画立案
  • 解答:リードジェネレーションサイトの計画立案
  • 分析に欠かせないセグメント
  • 問題:セグメント現状把握
  • 解答:セグメント現状把握
  • 参考問題:リスティング予算と改善効果
  • 参考解答:リスティング予算と改善効果
  • 参考問題:事業収支達成の広告費用
  • 参考解答:事業収支達成の広告費用
Chapter 3.
正しく計測をするための解析設計
  • アクセス解析の種類
  • サーバログ(サーバインストール)型
  • パケットキャプチャ型
  • ウェブビーコン型
  • 各アクセス解析ツールの特徴
  • 事前に設定しておくべきこと
  • アクセス解析の計測がしづらいケース
概要 学習項目
Chapter 4.
ウェブ解析の指標と分析ポイント
  • ウェブ解析の指標
  • 訪問を意味するセッション
  • ユニークユーザー数、PV数、滞在時間について
  • 直帰率とは
  • 問題:サイトの改善ポイント
  • 解答:サイトの改善ポイント
  • 滞在時間の分析
  • 問題:滞在時間の分析
  • 解答:滞在時間の分析
  • スマートフォンの分析
Chapter 5.
成果を図るウェブ指標
  • ウェブ解析の成果指標①:CTR,CPC
  • ウェブ解析の成果指標②:CVR,CTC
  • ウェブ解析の成果指標③:CPA,ROAS
  • 問題:ウェブ指標の理解
  • 解答:ウェブ指標の理解
Chapter 6.
集客(トラフィック)とコンテンツ
  • 集客(トラフィック)とコンテンツ
  • 検索エンジンからの流入(自然検索と広告)
  • 問題:PPC広告の解析
  • 解答:PPC広告の解析
  • 解答:PPC広告の解析
  • コンテンツを改善する
  • 問題:ランディングページの改善
  • 解答:ランディングページの改善

ホームページ「改善」講座:カリキュラム②

3日目、4日目:Googleアナリティクス

概要 学習項目
Chapter 1.
アクセス解析に関する用語理解と管理
  • Webマーケティング、ウェブ解析、アクセス解析の違い
  • Cookieの種類
  • セッションのユニークユーザ、ページビュー
  • 流入、直帰、離脱
  • アクセス解析が困難なソリューション
  • 指標とディメンション
  • GoogleアカウントとGoogleアナリティクスアカウント
  • Googleアナリティクスアカウント、プロパティ、ビュー
  • アカウント設定
  • プロパティ設定
  • ビュー設定
Chapter 2.
ユーザー分析
  • ユーザー分析で全体の把握をする
  • ユーザーサマリーで全体を把握する
  • アクティブユーザー数を知る
  • 定着率を見るコホート分析①
  • 定着率を見るコホート分析②
  • ユーザーの行動を把握するミクロ解析
  • ユーザー分布で男女比、年齢区分を知る
  • ユーザーの興味関心を知る
  • 地域でおおよそのエリアを分析する
  • 新規とリピータの割合を把握しよう
  • リピートの頻度やロイヤリティ
  • どのような環境からのアクセスが多いか
  • モバイルからのアクセスを知る
  • 競合の状況を把握するベンチマーク機能
  • サイト内の動きを知り、ユーザーの流れを把握
概要 学習項目
Chapter 3.
集客分析(トラフィック分析)
  • 集客(トラフィック)分析で流入元を知る
  • トラフィック全体を把握する
  • ツリーマップで流入の割合を把握する
  • 流入元を詳しく調べる
  • 他サイトからの流入を知る
  • ノーリファラーになるケース
  • パラメータを自動生成するURL生成ツール
  • キャンペーン流入の状況
  • オーガニック/有料検索キーワードを知る
  • ソーシャルメディアからの流入を知る
  • 全訪問者数とソーシャル訪問数を比較する
  • ネットワーク上の共有操作を確認する
  • ソーシャルメディア経由のサイト動線を知る
  • 検索エンジン最適化
  • Google Search Console
Chapter 4.
ウェブ解析の役割と事業分析
  • 広告分析でAdWords広告を分析する
  • キャンペーンの流入を分析する
  • 入札単価から流入、成果までを知る
  • 入札した広告キーワードごとに分析する
  • 一致した検索クエリごとに分析する
  • 参考:AdWords広告におけるマッチタイプ①
  • 参考:AdWords広告におけるマッチタイプ②
  • 時間帯別に分析する
  • リンク先URLごとに分析する
  • ディスプレイ広告の状況を知る

ホームページ「改善」講座:カリキュラム③

3日目、4日目:Googleアナリティクス

概要 学習項目
Chapter 5.
行動分析(コンテンツ分析)
  • 行動(コンテンツ)分析で動線を知る
  • コンテンツ全体を把握する
  • 各ページの状況を把握する
  • 主要動線を確認するナビゲーションサマリー
  • ランディングページと直帰率①
  • ランディングページと直帰率②
  • 離脱の多いページを知る
  • サイト(ページ)の表示速度を知る
  • サイト内検索のキーワードを知る
  • イベントが発生した訪問を知る
  • 参考:イベントトラッキング
  • AdSenseからの流入や収益を把握する
  • A/Bテストを実施する
  • クリックされているボタンをビジュアル表示する
  • 直帰率の改善
Chapter 6.
コンバージョン分析
  • コンバージョン分析でサイト成果を把握する
  • コンバージョン数、CVRを知る
  • コンバージョンに至る前のページを知る
  • フォーム離脱数、離脱率を知る
  • 目標到達までのフローを知る
  • スマートゴール
概要 学習項目
Chapter 6.
コンバージョン分析
  • eコマースの状況をみれるようにする
  • 参考:購入完了ページのトラッキングコード
  • eコマース状況を把握する
  • マルチチャネルで目標に関係したメディアを把握
  • アシストコンバージョンとは
  • 間接的な効果を把握する
  • コンバージョンに至るまでの経路を知る
  • コンバージョンに至るまでの日数を知る
  • コンバージョンに至るまでの経路数を知る
  • 間接効果の詳細を知る①
  • 間接効果の詳細を知る②
  • 間接効果の詳細を知る③
  • 間接効果の詳細を知る④
  • 間接効果の詳細を知る⑤
Chapter 7.
便利な機能
  • 特定のユーザに絞り込んで解析する①
  • 特定のユーザに絞り込んで解析する②
  • 各レポートをExcel、PDFで出力する
  • 定期的にレポートを配信する
  • 気になったことをメモ書きしておく
  • 自分の見たい指標を集めたレポートを作成する
  • 設定したレポートを保存するショートカット
  • 日々の増減を知らせてくれるアラート機能
  • 独自の条件を指定するカスタムアラート

ホームページ「改善」講座:カリキュラム④

5日目:UX/UI(ユーザーエクスペリエンス)

概要 学習項目
Chapter 1.
ユーザーエクスペリエンスが重要な理由
  • 日常の不幸
  • ユーザーエクスペリエンスの導入①
  • ユーザーエクスペリエンスの導入②
  • ユーザーエクスペリエンスの重要性
  • UXとUIの違い
  • 演習:どうすれば直感的にわかりやすくなるのか
  • 演習解説:どうすれば直感的にわかりやすくなるのか①
  • 演習解説:どうすれば直感的にわかりやすくなるのか②
  • ユーザーエクスペリエンスとは
  • 名言から学ぶデザインの本質
  • ユーザー中心設計(UCD)
  • ユーザーを知るためのペルソナ
  • ユーザーゴールは3つ
  • 競争優位性とROI
  • ユーザー理解の不足
  • ターゲットとコンセプト設計
Chapter 2.
ユーザーを理解する
  • 一般的なサイト構築の流れ
  • ユーザーはウェブサイトで何をしているか
  • ユーザーの定義
  • ユーザーをおおまかに分類する
  • ユーザーのセグメント
  • 演習:ユーザー定義とセグメント
  • 行動フローとは
  • 行動フローの整理
  • CJM:カスタマージャーニーマップ
  • CJMが注目される理由
概要 学習項目
Chapter 2.
ユーザーを理解する
  • CJM例
  • CJM内に描く内容は大きく分けて3つ
  • Lens:レンズ、スコープ
  • Journey Model:モデル、マップ
  • Findings:気づき
  • 競争優位なカスタマージャーニーを作る4ステップ
  • 現在のジャーニーを描き出す
  • 顧客行動のメインステージを定義する
  • ビジュアル化する
  • オンライン旅行サービスのCJM例
  • 演習:CJMの下書き(体験スケッチボード)作成
  • 体験スケッチボードサンプル
  • 参考:国別・業界別にカスタマージャーニーを見る
  • コンセプトダイアグラム作成例②
  • コンセプトダイアグラム作成例③
  • ユーザーの成果を細かく設計するMicro Conversion
  • 演習:マイクロコンバージョン設計
  • コミュニケーションデザイン
  • コンセプトダイアグラム
  • コンセプトダイアグラム作成例①
Chapter 3.
段階という考え方
  • 一般的なサイト構築の流れの確認
  • 5つの段階
  • 戦略は抽象的、表層は具体的になる
  • 各段階はその下の段階に依存する
  • ウェブが持つ基本的な二重性

ホームページ「改善」講座:カリキュラム⑤

5日目:UX/UI(ユーザーエクスペリエンス)

概要 学習項目
Chapter 4.
戦略段階、要件段階
  • 戦略を定義する大事な2つのこと
  • サイトの目的
  • ユーザーニーズ
  • ペルソナ
  • 演習:ペルソナの作成
  • ペルソナの順位付け
  • 要件を文書化する理由
  • 機能仕様
Chapter 5.
構造段階
  • 構造を定義する
  • インタラクションデザイン
  • 参考:インタラクションデザイナーに必要なこと
  • 情報アーキテクチャ
  • なぜ情報アーキテクチャが必要なのか
  • ユーザーエクスペリエンスフロー
  • サイトストラクチャのパターン
  • サイトストラクチャ分類構造の特徴
  • 企業サイトの構造
  • サービスサイトの構造
  • サイトストラクチャの作成
  • 演習:サイトストラクチャの作成
  • サイトストラクチャをデータで作成する
概要 学習項目
Chapter 6.
骨格段階
  • 骨格を定義する
  • ナビゲーション定義
  • 7つのナビゲーション
  • ラベル定義
  • メニューラベル、ナビゲーションラベル
  • ラベル定義プロセス
  • 情報デザイン、情報のグループ分け
  • 情報デザイン:経路探索
  • ワイヤーフレーム
Chapter 7.
表層段階
  • 表層を定義する
  • 目線の動き、クリックを把握する
  • コントラストを使い、注意を引きつける
  • デザインに均一性を持たせる

カリキュラムの続きをみる

5日間コース

1名さま298,000円(税抜)

321,840 円(税込)

ホームページ「集客」講座

ホームページを集客するために、検索エンジン最適化(SEO)、ウェブ広告(検索連動型広告やディスプレイ広告など)、ソーシャルメディアから集客を増やすための知識と技術を学ぶ講座です。ウェブ広告では、Google AdWords Yahoo!プロモーション広告を実際に操作しながら実践的に学ぶトレーニングです。

ホームページ「集客」講座:カリキュラム①

1日目、2日目:SEO(検索エンジン最適化)

概要 学習項目
はじめに
  • 社内体制:SEO理解者が社内に少ない場合
  • 社内体制:SEOに理解がある場合
  • マーケティング担当が考えるウェブ施策
Chapter 1.
SEOとは
  • SEOとは
  • 検索エンジンのクローラー
  • クローラーが見ているウェブサイト
  • 検索エンジンから見たウェブサイト
  • GoogleとYahoo!の検索結果順位はほぼ同じ?!
  • 順位決めする要因は数百あります
  • 内部対策と外部対策
  • SEO技術の変遷:モバイルフレンドリー
  • SEO技術の変遷:パンダ&ペンギンアップデート
  • SEO技術の変遷:パンダアップデートとは①
  • SEO技術の変遷:パンダアップデートとは②
  • SEO技術の変遷:ハミングバード
  • SEO技術の変遷:新しいアルゴリスムRank Brain
  • SEO技術の変遷:AMP(Accelerated Mobile Pages)
  • ガイドラインを読もう
Chapter 2.
内部対策
  • 内部対策とは
  • SEO内部対策の基本を知る
  • 見込み客が検索しているキーワードを知る
  • キーワードのリサーチ
  • 演習:対象サイトを決めましょう。
  • 演習:キーワードをリサーチしよう
概要 学習項目
Chapter 2.
内部対策
  • 演習:キーワードリサーチをする際の留意点
  • 主な階層は人力で「構造化」する
  • カテゴリの考え方
  • 内部リンクを張り巡らす①
  • 内部リンクを張り巡らす②
  • 内部リンクを張り巡らす③
  • 内部リンクで考慮すべきコト
  • ウェブページの表示速度を向上させる
  • 構造化データ
Chapter 3.
ソースコード全体の最適化
  • headタグ内で必要、不必要な記述を整理する
  • headタグ内で必要な記述
  • headタグ内で不必要な記述
  • 重要キーワードのソース位置を最適化
  • サイトマップを作成する
  • サイトマップ、sitemap.xmlの記述
Chapter 4.
更なる内部対策強化
  • ミラーコンテンツによるスパムを回避する
  • ミラーサイトは70%が類似している?!
  • URLの正規化でバックリンク分散の回避
  • 上位表示に必要なURLのつけ方
  • NGタグを撤廃・改善する
  • スパム(ペナルティ)になる技術
  • ツールを使用したSEO対策チェック
  • 演習:サイト内部を最適化する

ホームページ「集客」講座:カリキュラム②

1日目、2日目:SEO(検索エンジン最適化)

概要 学習項目
Chapter 5.
外部対策
  • 外部対策とは
  • 外部対策のキホン
  • ドメイン分散、IP分散
  • アンカーテキストの重要性
  • 外部リンクで得られる評価
  • 質の高いコンテンツを作成する
  • 独自コンテンツ性を高めリンク獲得
  • バックリンクを調べる方法
  • 演習:外部対策を考える
Chapter 6.
キーワードの関連性
  • キーワードの関連性を表した図
  • キーワードの関連性
  • 共起語の活用
  • 関連語の活用
  • 関連語と共起語の違い
  • 同義語の活用
  • Googleによる同義語の理解例
Chapter 7.
ライティング練習
  • 練習問題:文章のムダを省きましょう。
  • 練習問題解説:文章のムダを省きましょう。
  • 練習問題解説:文章のムダを省きましょう。
  • 練習問題解説:文章のムダを省きましょう。
  • 練習問題:SEOを考慮した文章
  • 練習問題解説:SEOを考慮した文章
  • 練習問題解説:SEOを考慮した文章
概要 学習項目
Chapter 8.
Google Search Console
  • Google Search Consoleとは
  • Search Consoleを利用するために必要なこと
  • ダッシュボードとメッセージ
  • 検索での見え方:構造化データ
  • 検索での見え方:データハイライター
  • 検索での見え方:HTMLの改善
  • 検索での見え方:サイトリンク
  • 検索トラフィック:検索アナリティクス
  • 検索トラフィック:サイトへのリンク
  • 検索トラフィック:内部リンク
  • 検索トラフィック:手動による対策
  • 検索トラフィック:インターナショナルターゲティング
  • 検索トラフィック:モバイルユーザビリティ
  • Googleインデックス:インデックスステータス
  • Googleインデックス:コンテンツキーワード
  • Googleインデックス:ブロックされたリソース
  • Googleインデックス:URLの削除
  • クロール:クロールエラー
  • クロール:クロールの統計情報
  • クロール:Fetch as Google
  • クロール:robots.txtテスター
  • クロール:サイトマップ
  • クロール:URLパラメータ
  • セキュリティの問題
  • その他のリソース

ホームページ「集客」講座:カリキュラム③

3日目:Web広告(Google&Yahoo!)

概要 学習項目
はじめに
  • インターネット広告の市場規模
  • スマートフォン広告市場の予測
  • スマートフォン広告の構成比
  • 運用型広告市場のトレンド
  • ウェブサイトへの流入はさまざまあります
Chapter 1.
リスティング広告の基本
  • リスティング広告の役割
  • リスティング広告の立ち位置①
  • リスティング広告の立ち位置②
  • 2種類のリスティング広告
  • リスティング広告の特徴
  • リスティング広告の構造
Chapter 2.
リスティング広告の考え方
  • 押さえるべきポイントの説明
  • ビジネス情報の把握
  • 配信前の全体設計
  • KPI表
  • 計算のコツ
  • コンバージョン測定
  • コンバージョン測定:設定方法
  • コンバージョン測定:電話コンバージョン
  • ビジネスモデルに合わせたコンバージョン設定
  • 限界CPAの決定
  • 限界CPAの決定:設定例
  • 限界CPAの決定:可能な限り高いCPAに設定する
  • 限界CPAの決定:計算問題①
  • 限界CPAの決定:計算問題①解答
  • 限界CPAの決定:計算問題②
  • 限界CPAの決定:計算問題②解答
概要 学習項目
Chapter 3.
検索連動型広告のアカウント設計
  • 登録キーワード作成の流れ
  • キーワード収集:ニーズとウォント
  • キーワード収集:フレームワーク①
  • キーワード収集:フレームワーク②
  • キーワード収集:キーワードパターン①
  • キーワード収集:キーワードパターン②
  • キーワード収集:キーワードパターン③
  • キーワード収集:過去のキーワードデータの活用
  • キーワード収集:各種ツールの活用
  • キーワード収集:キーワードパターン完成形の作成
  • キーワードグルーピング:キャンペーン作成①
  • キーワードグルーピング:キャンペーン作成②
  • キーワードグルーピング:掛け合わせツール
  • キーワードグルーピング:登録キーワードの作成
  • 便利なツールの紹介(キーワードの抽出)
  • マッチタイプの種類
  • マッチタイプの種類:マッチ例
  • マッチタイプの種類:部分一致の活用
  • 広告文作成の考え方
  • 広告文の作成ポイント
  • 売れるリスティング広告文の5原則①
  • 売れるリスティング広告文の5原則②
  • キーワードをタイトルインさせる広告タイトル
  • 広告文の作成:情報収集
  • 広告文の作成:作成の流れ
  • 広告文の作成:作成例
  • 広告文の作成:ターゲットの明確化

ホームページ「集客」講座:カリキュラム④

4日目:Web広告(Google&Yahoo!)

概要 学習項目
Chapter 3.
検索連動型広告のアカウント設計
  • 広告文の作成:事実のみを伝える
  • 広告文の作成:お客様を限定する
  • 広告表示オプションとは
  • 広告表示オプション:広告表示枠の拡大
  • 手動表示オプションの種類
  • 自動表示オプションの種類
  • 1広告グループ、1キーワード①
  • 1広告グループ、1キーワード②品
  • 質スコアとは
  • 品質スコアの決定要因
  • 品質スコア:キーワードとリンク先ページの関連性
  • 品質スコア:キーワードと広告文の関連性
  • 品質スコア:広告順位はどのように決まるか
  • 品質スコアを重視しないケース
  • 品質スコア:クリック率を高める
Chapter 4.
リスティング広告の多彩な配信方法
  • 各広告メニューによるリーチイメージ図
  • リマーケティングとは
  • リマーケティング用キャンペーンの作成
  • リマーケティング用のタグ発行①
  • リマーケティング用のタグ発行②
  • リマーケティングリストの作成
  • リマーケティングリストの作成例:ページ単位
  • リマーケティングリストの作成例:日数単位
  • リマーケティングリスト:CVユーザーリスト
概要 学習項目
Chapter 4.
リスティング広告の多彩な配信方法
  • 検索リマーケティング
  • 商品リスト広告
  • 動的リマーケティング
  • サーチターゲティング
  • インフィード広告
  • トピックターゲット
  • プレースメントターゲット
  • デモグラフィック配信設定
  • インタレストマッチ
  • 地域ターゲティング
  • 時間帯・曜日別配信
  • 配信時の注意点
Chapter 5.
広告データ登録の流れ
  • 広告データ登録の流れ(Google AdWords)
  • キャンペーン作成①
  • キャンペーン作成②
  • 広告グループ作成
  • 広告グループ、広告文の作成
  • キーワード作成
Chapter 6.
Google AdWords広告のデータ登録
  • Google AdWords広告のCSVデータ作成①
  • Google AdWords広告のCSVデータ作成②
  • AdWords Editorによるインポート①
  • AdWords Editorによるインポート②
  • AdWords Editorによるインポート③
  • 「選択した変更を元に戻す」に注意
  • 作成したキャンペーンの送信

ホームページ「集客」講座:カリキュラム⑤

4日目:Web広告(Google&Yahoo!)

概要 学習項目
Chapter 6.
Google AdWords広告のデータ登録
  • ディスプレイ広告用キャンペーンの作成①
  • ディスプレイ広告用キャンペーンの作成②
  • ディスプレイ広告用キャンペーンの作成③
  • リマーケティング用キャンペーンの作成①
  • リマーケティング用キャンペーンの作成②
  • リマーケティング用広告の作成
  • サイトリンク表示オプションの設定方法①
  • サイトリンク表示オプションの設定方法②
  • サイトリンク表示オプションの設定方法③
  • 参考資料:結果右側のテキスト広告枠の廃止①
  • 参考資料:結果右側のテキスト広告枠の廃止②
Chapter 7.
Yahoo!プロモーション広告
  • Google AdWordsとYahoo!プロモーション広告との画
  • 面の違いを確認する
  • スポンサードサーチとYDN
  • キャンペーン、広告グループ、広告文、キーワード
  • Google AdWordsとYahoo!プロモーション広告で設定
  • できることの違いを確認する
  • アカウント管理
  • Yahoo!プロモーション広告のツール
  • Yahoo!広告からの流入をGoogleアナリティクスで計
  • 測できるようにする
  • パフォーマンスレポート、月額利用明細、取引明細
  • Yahoo!アクセス解析とは

ホームページ「集客」講座:カリキュラム⑥

5日目:SNS

概要 学習項目
Chapter 1.
ソーシャルメディアマーケティング
  • Webマーケティングとソーシャルメディアマーケティング
  • ソーシャルメディアの種類と特徴
  • 目的に応じた使い分け
  • ソーシャルメディアの基本的な知識
Chapter 2.
Facebookの活用
  • Facebookの基本を確認
  • 個人アカウントとFacebookページの違い
  • Facebookページの開設方法
  • エッジランクの仕組み
  • 記事、写真、動画の投稿ポイント
  • ビジネスマネージャの画面操作
  • Facebookインサイトとは
Chapter 3.
Twitterの活用
  • Twitterの基本を確認
  • Twitterに関する用語を確認
  • ハッシュタグの活用
  • フォロワーとのコミュニケーション
  • Twitterアナリティクスの見方
概要 学習項目
Chapter 4.
Instagramの活用
  • Instagramの基本を確認
  • Instagramの運用ポイント
  • ハッシュタグを効果的に活用して集める
  • 写真撮影のコツとは
  • 画像加工アプリの利用
  • Instagramを分析するツール
Chapter 5.
ソーシャル広告
  • Facebook広告
  • Facebook広告の出稿方法
  • Twitter広告
  • Twitter広告の出稿方法
  • Instagram広告
  • Instagram広告の出稿方法
Chapter 6.
分析ツール
  • ソーシャルメディア解析ツール
  • Googleアナリティクスでソーシャル流入を分析する
  • 投稿ごとの流入を知る方法(パラメータの活用)

カリキュラムの続きをみる

5日間コース

1名さま298,000円(税抜)

321,840 円(税込)

Googleアナリティクス講座

ホームページ分析の代表的なアクセス解析ツールであるGoogleアナリティクスの操作と分析スキルを学ぶ講座です。ウェブビーコン方式の仕組みや管理する知識、Googleアナリティクスのメニュー操作(ユーザー、集客、行動、コンバージョン)と用語、分析視点やKPI設計の方法を実践的に学ぶトレーニングです。

Googleアナリティクス講座:カリキュラム①

1日目~5日目:Googleアナリティクス

概要 学習項目
はじめに
  • Googleアナリティクスの役割
  • アクセス解析の種類
Chapter 1.
アクセス解析に関する用語理解
  • Webマーケティング、ウェブ解析、アクセス解析の違い
  • Cookieの種類
  • セッションのユニークユーザ、ページビュー
  • 流入、直帰、離脱
  • アクセス解析が困難なソリューション
  • 指標とディメンション
Chapter 2.
管理する上で必要な知識
  • GoogleアカウントとGoogleアナリティクスアカウント
  • Googleアナリティクスアカウント、プロパティ、ビュー
  • アカウント設定
  • プロパティ設定
  • ビュー設定
Chapter 3.
ユニバーサルアナリティクス
  • 標準のアナリティクスとユニバーサルアナリティクスの違い
  • ユニバーサルアナリティクスの特徴①
  • ユニバーサルアナリティクスの特徴②
  • ユニバーサルアナリティクスの特徴③
  • ユニバーサルアナリティクスのトラッキングコード
  • ユニバーサルアナリティクスで使用されているCookie
概要 学習項目
Chapter 4.
Googleアナリティクス管理
  • トラッキングコードについて
  • トラッキングコードの確認
  • クロスドメイントラッキング①
  • クロスドメイントラッキング②
  • クロスドメイン時の参照元除外設定
  • クロスドメイン時のカスタムフィルタ設定
  • 計測する範囲
  • プロパティ設定:ユーザー属性の有効化
  • プロパティ設定:拡張リンクアトリビューション
  • プロパティ設定:Google Search Consoleとのリンク
  • プロパティ設定:アプリ解析
  • アプリ解析専用のFirebase Analytics
  • アセット
  • ユーザー管理
  • 目標設定:サイトの成果を設定する
  • 目標設定:目標到達プロセスと値
  • 計算指標
  • コンテンツグループ
  • フィルタ設定

Googleアナリティクス講座:カリキュラム②

1日目~5日目:Googleアナリティクス

概要 学習項目
Chapter 5.
ユーザー分析
  • ユーザー分析で全体の把握をする
  • ユーザーサマリーで全体を把握する
  • アクティブユーザー数を知る
  • 定着率を見るコホート分析①
  • 定着率を見るコホート分析②
  • ユーザーの行動を把握するミクロ解析
  • ユーザー分布で男女比、年齢区分を知る
  • ユーザーの興味関心を知る
  • 地域でおおよそのエリアを分析する
  • 新規とリピータの割合を把握しよう
  • リピートの頻度やロイヤリティ
  • どのような環境からのアクセスが多いか
  • モバイルからのアクセスを知る
  • 競合の状況を把握するベンチマーク機能
  • サイト内の動きを知り、ユーザーの流れを把握
Chapter 6.
集客分析(トラフィック分析)
  • 集客(トラフィック)分析で流入元を知る
  • トラフィック全体を把握する
  • ツリーマップで流入の割合を把握する
  • 流入元を詳しく調べる
  • 他サイトからの流入を知る
  • ノーリファラーになるケース
  • パラメータを自動生成するURL生成ツール
  • キャンペーン流入の状況
  • オーガニック/有料検索キーワードを知る
  • ソーシャルメディアからの流入を知る
  • 全訪問者数とソーシャル訪問数を比較する
概要 学習項目
Chapter 6.
集客分析(トラフィック分析)
  • ネットワーク上の共有操作を確認する
  • ソーシャルメディア経由のサイト動線を知る
  • 検索エンジン最適化
  • Google Search Console
Chapter 7.
広告分析
  • 広告分析でAdWords広告を分析する
  • キャンペーンの流入を分析する
  • 入札単価から流入、成果までを知る
  • 入札した広告キーワードごとに分析する
  • 一致した検索クエリごとに分析する
  • 参考:AdWords広告におけるマッチタイプ①
  • 参考:AdWords広告におけるマッチタイプ②
  • 時間帯別に分析する
  • リンク先URLごとに分析する
  • ディスプレイ広告の状況を知る

Googleアナリティクス講座:カリキュラム③

1日目~5日目:Googleアナリティクス

概要 学習項目
Chapter 8.
行動分析(コンテンツ分析)
  • 行動(コンテンツ)分析で動線を知る
  • コンテンツ全体を把握する
  • 各ページの状況を把握する
  • 主要動線を確認するナビゲーションサマリー
  • ランディングページと直帰率①
  • ランディングページと直帰率②
  • 離脱の多いページを知る
  • サイト(ページ)の表示速度を知る
  • サイト内検索のキーワードを知る
  • イベントが発生した訪問を知る
  • 参考:イベントトラッキング
  • AdSenseからの流入や収益を把握する
  • A/Bテストを実施する
  • クリックされているボタンをビジュアル表示する
  • 直帰率の改善
Chapter 9.
コンバージョン分析
  • コンバージョン分析でサイト成果を把握する
  • コンバージョン数、CVRを知る
  • コンバージョンに至る前のページを知る
  • フォーム離脱数、離脱率を知る
  • 目標到達までのフローを知る
  • スマートゴール
概要 学習項目
Chapter 9.
コンバージョン分析
  • eコマースの状況をみれるようにする
  • 参考:購入完了ページのトラッキングコード
  • eコマース状況を把握する
  • マルチチャネルで目標に関係したメディアを把握
  • アシストコンバージョンとは
  • 間接的な効果を把握する
  • コンバージョンに至るまでの経路を知る
  • コンバージョンに至るまでの日数を知る
  • コンバージョンに至るまでの経路数を知る
  • 間接効果の詳細を知る①
  • 間接効果の詳細を知る②
  • 間接効果の詳細を知る③
  • 間接効果の詳細を知る④
  • 間接効果の詳細を知る⑤
Chapter 10.
便利な機能
  • 特定のユーザに絞り込んで解析する①
  • 特定のユーザに絞り込んで解析する②
  • 各レポートをExcel、PDFで出力する
  • 定期的にレポートを配信する
  • 気になったことをメモ書きしておく
  • 自分の見たい指標を集めたレポートを作成する
  • 設定したレポートを保存するショートカット
  • 日々の増減を知らせてくれるアラート機能
  • 独自の条件を指定するカスタムアラート

Googleアナリティクス講座:カリキュラム④

1日目~5日目:Googleアナリティクス

概要 学習項目
Chapter 11.
さまざまな分析視点
  • アドバンスフィルタとピボット
  • いつ出したメルマガが収益につながったのか
  • バブルチャートを使用して直帰率を把握する
  • バブルチャートの見方
Chapter 12.
レポーティング目的の明確化
  • レポートの種類と主目的
  • レポートで集計結果を表現し、整理する
  • レポート作成時の注意点
  • トップダウンとボトムアップ
Chapter 13.
レポート作成時のテクニック
  • レポート作成時におけるポイント
  • グラフの色はシンプルにする
  • レポートがまとまらない理由
  • 誰に向けてのレポートか明確に意識する
  • レポート作成時のチェック項目
Chapter 14.
レポートレイアウト
  • モニタリングレポートの作成プロセス
  • レポート設計書(サンプル)
  • レポートを作成する10の目的①
  • レポートを作成する10の目的②
  • レポートを作成する10の目的③
  • レポートを作成する10の目的④
  • レポートを作成する10の目的⑤
  • レポートレイアウトのサンプル①
  • レポートレイアウトのサンプル②
  • レポートレイアウトのサンプル③
  • レポートレイアウトのサンプル④
  • PowerPointのレイアウト
概要 学習項目
Chapter 15.
グラフ作成例
  • グラフの選定
  • グラフ作成の流れ
  • 訪問者数推移グラフ
  • コンバージョンとコンバージョン率推移グラフ
  • セッションと閲覧ページビュー数の分布グラフ
  • 集客施策別の推移グラフ
  • 集客施策別の比較グラフ
  • 主要動線の推移
  • デバイス別のグラフ
Chapter 16.
レポート構成
  • ウェブ解析レポート構成例①
  • ウェブ解析レポート構成例②
  • 組織を動かすためのレポート構成例
Chapter 17.
マイレポート
  • マイレポートとは
  • マイレポートへウィジェットを追加する
  • マイレポートの標準とリアルタイム
  • 認知、興味関心系のマイレポート
  • トラフィック分析のマイレポート
  • コンテンツ分析のマイレポート
  • コンバージョン分析のマイレポート
  • 広告分析のマイレポート
  • リアルタイム分析のマイレポート
  • マイレポートの棒グラフ

Googleアナリティクス講座:カリキュラム⑤

1日目~5日目:Googleアナリティクス

概要 学習項目
Chapter 18.
カスタムレポート
  • カスタムレポートを作成する
  • カスタムレポートの種類
  • ディメンションと指標を指定する
  • カスタムレポートのフィルタ
Chapter 19.
ディメンション/指標一覧
  • ディメンション一覧①
  • デメンション一覧②
  • ディメンション一覧③
  • ディメンション一覧④
  • 指標一覧①
  • 指標一覧②
  • 指標一覧③
概要 学習項目
参考
スマホアプリを解析する
  • アプリタイプ
  • 分析/解析設計(KGI/KPI設定)の全体像
  • モバイルアプリ解析のオススメ設定
  • Google Playデベロッパーコンソールへのリンク
  • 目標:サイトの成果を設定する
  • モバイルアプリサマリー
  • モバイルアプリ ユーザーサマリー
  • アクティブユーザー数を知る
  • 定着率をみるコホート分析①
  • 定着率をみるコホート分析②
  • ユーザー分布で男女比、年齢区分を知る
  • アプリでユーザー分布レポートを見れるようにする
  • 集客の新規ユーザー状況を把握する
  • 行動サマリー スクリーン
  • 行動フロー
  • クラッシュと例外

カリキュラムの続きをみる

会社概要

会社名
株式会社アイクラウド(icloud inc.)
設立
2011年1月4日
役員
代表取締役社長   吉野 竜司
代表取締役副社長  富田 一年
取締役       鮫島 秀次
取締役       吉野太佳子
本社
〒107‐0061
東京都港区北青山2-7-26 Landwork青山ビル 2F
事業内容
事業の成果につながるコンピュータ研修および
ICT人材育成
ウェブマーケター育成を主とした研修
ウェブ解析士認定講座の運営
決算月
12月
電話番号
03-6863-4805

主なお取引企業さま

  • アディダスジャパン株式会社
  • アデコ株式会社
  • ANAセールス株式会社
  • エイベックス・グループ・ホールディングス株式会社
  • 株式会社オプト
  • 関西ビジネスインフォメーション株式会社
  • 株式会社クロス・コミュニケーション
  • 株式会社講談社
  • 株式会社コスモスイニシア
  • 第一三共ヘルスケア株式会社
  • 株式会社デアゴスティーニ・ジャパン
  • ドコモ・システムズ株式会社
  • 日本検査キューエイ株式会社
  • ネオス株式会社
  • ビーコンコミュニケーションズ株式会社
  • 株式会社フォーク
  • 富士ゼロックスインターフィールド株式会社
  • ライフネット生命保険株式会社
  • 株式会社リクルートコミュニケーションズ
  • (あいうえお順、敬称略)