iPhoneアプリ開発研修

iPhoneアプリ開発研修はObjective-Cプログラミングの基礎を学習し、実用的なアプリを作るためのプログラミング技術を学ぶことのできる研修です。

iPhoneアプリ開発研修の概要

iPhoneアプリ開発研修概要をご覧いただき、この概要をベースに貴社のご要望にあわせた内容にカスタマイズして研修をご提供いたします。研修ご検討にともない、研修実施までの流れ研修会場もご確認いただき、助成金を活用した研修新入社員研修をご検討されている企業さまは各ページをご覧ください。

研修名

iPhoneアプリ開発研修

研修概要 iPhoneアプリ開発の概要、開発ツールの使い方、プログラミングの基礎を学びます。iPhone/iPadアプリ開発から公開までの流れ、Objective-Cプログラミングの基礎を学習し、iPhone/iPadアプリ制作技術を学びます。そして、実用的なアプリを作るために必要な調べ方や、具体的なテクニックを、多くの演習を通じて、実践的なiPhoneアプリ開発技術を習得します。
習得目標スキル
  • iPhoneアプリ開発の流れ、開発ツールの理解
  • Objective-Cプログラミング基本の理解
  • オブジェクト指向プログラミングの基本概念の理解
  • UIパーツによる画像データ処理、加工、画面レイアウト、ボタン文字列の表示技術
  • UIパーツによる機能の実装、データの読み込みと保存技術
  • 実践的なiPhoneアプリ開発技術
  • アプリの公開方法
対象者 プログラミングの基礎を理解している方、iPhoneアプリ開発技術者を目指される方 レベル 基礎、応用
学習時間/期間 45時間/6日 実施時間 9:00~17:30(休憩含)
研修会場 貴社会議室、またはアイクラウド研修会場(最大56名まで収容可能)
その他 備考 貴社独自のカリキュラムを構築することが可能です。その他、ご要望、ご相談はお問い合わせください。

研修に関するご質問」「ご相談」「お見積り

お電話でのお問い合わせ
03-6863-4805(平日10:00~17:00)

研修について聞いてみる

助成金を活用し、実質0円で研修実施

国の助成金制度を活用することで、
1事業所あたり最大500万円が支給されます

助成金の詳細を確認する

iPhoneアプリ開発研修のカリキュラム

アイクラウド研修サービスのiPhoneアプリ開発研修のカリキュラムの一例となります。ご要望を反映したオーダーメイドのiPhoneアプリ開発研修カリキュラムでの研修実施も可能でございます。

Chapter 1iPhoneアプリ開発準備
1.
iPhoneアプリとは
2.
iPhoneアプリ開発の流れ
3.
開発環境
4.
Xcodeのインストール
5.
開発専用のApple IDの作成
Chapter 2XcodeとiOSシュミレータ
1.
Xcodeの概要
2.
iOSシュミレータの概要
3.
Xcodeの操作方法
4.
新規プロジェクトの作成
5.
新規プロジェクトの設定
6.
初期ウインドウ
7.
ワークスペースウインドウ
8.
オーガナイザウインドウ
9.
iOSシュミレータの操作方法
10.
起動、設定
11.
デバイス
12.
iOSバージョン変更
13.
回転、位置変更
Chapter 3Objective-C基礎
1.
Objective-Cの基本的な文法
2.
変数
3.
変数と型
4.
変数を使用するための手順
5.
ポインター変数
6.
文字データ
7.
配列
8.
Objective-Cで扱える値
9.
式と演算子
10.
制御文(if、switch、while、for)
11.
関数の基本的な使い方
12.
総合演習
Chapter 4オブジェクト指向プログラミング
1.
オブジェクト指向とは
2.
オブジェクト指向の用語
3.
クラス
4.
インスタンス
5.
ヘッダファイル(.hファイル)
6.
プロパティ、メソッド
7.
実装ファイル(.mファイル)
8.
self
9.
インスタンスの使い方
10.
インスタンスを使用の手順
11.
ViewController.h
12.
ViewController.m
13.
総合演習
Chapter 5開発の手順
1.
フレームワークの追加
2.
フレームワークの読み込み
3.
ストーリーボードの作成
4.
ストーリーボードのアウトラインビュー
5.
作成手順
6.
接続
7.
設定
8.
総合演習
Chapter 6開発の基本
1.
プロジェクトの構造と作成
2.
よく使われるファイル
3.
画面デザインとプログラム
4.
部品とプログラムの接続
5.
デリゲート
6.
総合演習
Chapter 7UIパーツについて
1.
画面の土台(UIViewクラス)
2.
簡易アニメーションの作成
3.
文字を表示(UILavel)
4.
画面の表示(UIImageView)
5.
リソース画像を表示
6.
パラパラアニメの作成
7.
NSTimerを使ったアニメーションの作成
8.
ボタンの配置(UIButton)
9.
テキストフィールドの表示(UITextField)
10.
長い文字列の表示(UITextView)
11.
オン、オフのスイッチ(UISwitch)
12.
スライダーの作成(UISlider)
13.
日付の値を設定(UIDatePicker)
14.
警告画面の表示(UIAlertView)
15.
アクションシートを表示(UIActionSheet)
16.
総合演習
Chapter 8機能の実装
1.
画面サイズに合わせて自動的にレイアウトを変える(Autolayout)
2.
加速度センサー(UIAccelerometer)
3.
現在位置や方角を調べる(CoreLocation.framework)
4.
総合演習
Chapter 9データの読み込みと保存
1.
Webページを表示する(UIWebView)
2.
Web画像を表示する(UIImage)
3.
Web上のXMLを読み込む(NSXMLParser)
4.
一時的にデータを保存する(NSUserDefault)
5.
総合演習
Chapter 10iPhoneアプリ開発演習
1.
ブラウザアプリ開発演習
2.
辞書アプリ制作演習
3.
広告アプリ制作演習
4.
SNSアプリ制作演習
Chapter 11iPhoneアプリ開発の仕上げ
1.
アプリのアイコンを作る
2.
アイコンの設定方法
3.
起動画像の作成
4.
外国語対応の準備
5.
アプリ名の外国語対応
6.
ストーリーボードの外国語対応
7.
コード内の文字列の外国語対応
Chapter 12iPhoneへのインストールと設定
1.
会員への登録
2.
登録時の注意点
3.
登録後の作業
4.
iPhoneの開発用設定
5.
アプリのインストール、設定
Chapter 13アプリのリリース方法
1.
契約手続き
2.
配布用プロビジョニングプロファイルの作成
3.
アプリのアーカイブ
4.
アプリ情報の設定
5.
アプリのリリース

カリキュラムはすべてオーダーメイド

貴社のご要望を反映した、
独自の研修カリキュラムを構築いたします

お問い合わせはこちら

助成金申請書類の作成サポート

申請に必要な書類」「書類の作成方法」など、
専任担当者が分かりやすくアドバイスいたします

助成金を活用する

研修実施にともなう確認事項

助成金を活用してコスト削減

厚生労働省で取扱っている支援金は、条件さえ満たせばどんな会社でも貰うことができ、返済する必要はありません。助成金の種類は50種類以上(雇用や教育訓練など)あり、社員教育に関連した助成金は、「人材開発支援助成金(旧キャリア形成促進助成金)」が多く利用されています。アイクラウド研修サービスは、研修のご提供だけでなく、助成金サポートも行っております。

iPhoneアプリ開発研修に関連する研修

その他の開発/プログラミング研修

iPhoneアプリ開発研修に関連するその他の研修

Webマーケティング資格問題集

デジタル分野のマーケティング資格を、
問題形式で学習できるアプリが登場しました。

ウェブマーケティング研修 Googleアナリティクス研修 ウェブ解析資格対策 ウェブ制作研修 開発/プログラミング研修 マイクロソフトオフィス研修 プレゼンテーション研修

研修に関するご質問」「ご相談」「お見積り

研修に関するご相談、お見積りのご依頼など、下記までお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ