日本のICT教育について

i-japan戦略2015とは?

i-Japan戦略2015とは、我が国日本が2015年までに実現すべきデジタル社会の将来像と実現に向けた戦略のことです。「国民主役の「デジタル安心・活力社会」の実現を目指して~Towards Digital inclusion & innovation」という副題がつけられており、「デジタル社会の実現に向けた取り組みを通じて、国際競争力を高め、世界に共通する課題を先んじて克服することにより、世界に対してのリーダーシップを発揮することを目指す」とあります。

また、i-Japan戦略2015の3大重点分野の1つとして、教育・人財分野があります。(下記一部抜粋)

  • 授業でのデジタル技術の活用などを推進し、子どもの学習意欲や学力・情報活用能力を向上させるため、教員のデジタル活用指導力の向上を図るほか、双方向でわかりやすい授業に資する電子黒板などデジタル機器の教室への普及と教育コンテンツの整備充実を図る。
  • 高度デジタル人材の安定的・継続的な仕組みを確立するため、実践的な教育拠点の広域展開・充実と産学官連携によるナショナルセンター的機能の充実を図り、デジタル技術を用いたシステム・サービス供給側と利用側の双方に魅力ある処遇・キャリアパス実現の支援を行い、高度デジタル人財の認定・認証の仕組を検討、確立し、普及を図る。

i-japan戦略2015実現に向けた教育をご提供いたします

アイクラウドは、日本政府のIT戦略本部がリリースした「i-Japan戦略2015」の3大重点分野、教育分野におけるデジタル教育を推進しています。日本のICT教育(Information and Communication Technology)については総務省ホームページに、全国のあらゆる地域でICTを十分利活用できるようにすることや、学習される方が課題を解決する手法や能力を体得することが重要と記載があります。アイクラウドはこの教育を軸にカリキュラムを開発しております。総務省「ICT利活用の促進」ページはこちら

i-japan戦略2015への取り組み

アイクラウドは、デジタル技術を活用した研修をご提供いたします。クラウドを利用した情報のやり取りを取り入れ、また電子教材開発にも注力しており、企業様への研修/義務教育課程でのコンピューター教育など、高度デジタル人財の育成を推進してまいります。アイクラウドの強みはこちら

Webマーケティング資格問題集

デジタル分野のマーケティング資格を、
問題形式で学習できるアプリが登場しました。

ウェブマーケティング研修 Googleアナリティクス研修 ウェブ解析資格対策 ウェブ制作研修 開発/プログラミング研修 マイクロソフトオフィス研修 プレゼンテーション研修

研修に関するご質問」「ご相談」「お見積り

研修に関するご相談、お見積りのご依頼など、下記までお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ