PowerPointでのフォントの使い分け

PowerPointでのフォントの使い分け

フォントの基礎知識


前回の記事「PowerPointではどのフォントを選べば良いか」ではオススメのフォントとしてメイリオをご紹介しました。万能タイプのフォントですから、PowerPointでの資料作成にもモチロン向いています。

今回はもう少し突っ込んだフォントの話です。フォントには「等幅フォント」と「プロポーショナルフォント」といわれる2つの種類があります。等幅フォントはすべての文字が同じ横幅になっていて、一方プロポーショナルフォントは文字によって横幅が異なります。

プロポーショナルと等幅
日本語のみの文章であれば、さほど気にする必要はありませんが、文章の中に英数字が含まれてくる場合は少し注意が必要です。

和文と欧文を使い分けよう


まずは下の図を見てみてください。右側は英数字に欧文フォントを使用しています。読みやすくまた見栄えもよくなっています。

和文と欧文
その理由として、日本語で使用する和文フォントは等幅フォントが多く、英数字で使用する欧文フォントはプロポーショナルフォントがほとんどです。和文フォントの英数字は見栄えが悪く、読みにくくなってしまいます。

欧文フォントは見栄えが良い
PowerPointの資料を一工夫して、見栄えよくキレイに見せたいときは、和文と欧文でフォントを使い分けるようにします。和文フォントをメイリオにした場合、欧文フォントには「Segoe UI」がバランスが良くおすすめです。

  • 日本語には和文フォント → 等幅が読みやすい → メイリオ
  • 英数字には欧文フォント → プロポーショナル → Segoe UI

PowerPointでデフォルト登録


フォントのことがだいたい分かってきたところで、PowerPointの便利な機能をご紹介いたします。テキストを入力し、フォントを選んだ後、その設定をデフォルト値として設定しておくことができます。

既定の図形に設定1
フォントのダイアログボックスの中にある、英数字用のフォントと日本語用のフォントをメニューから選びます。もちろんここでは英数字用は欧文フォントの「Segoe UI」、日本語用は和文フォントの「メイリオ」を選択します。

既定の図形に設定2
最後に今までの設定をPowerPointのデフォルト値として登録します。メニューの「既定の図形に設定」を選びます。

既定の図形に設定3
こうすることで毎回毎回フォントを選び直す必要はなくなります。より見やすいレイアウトを考えると文章や箇条書きを少なくして、図形やイメージを多用し、見ただけで読み手に意図が伝わるようにしなければなりません。見やすくするために多用する図形だからこそ、ぜひこの設定を使ってみてください。

既定の図形に設定

関連する研修


PowerPoint(パワーポイント)研修
PowerPoint2013(パワーポイント2013)研修
プレゼンテーション実践研修

この記事を書いた人

吉野竜司|Ryuzi Yoshino株式会社アイクラウド 代表取締役CEO

Web2.0に始まるインターネットの可能性と、進化し続けるデバイスのその先を予見し、よりよいサービスや新しいビジネスを模索。

今もっとも気になることは「AppleのIoT」と「キャラメル味のイロイロ」。

吉野竜司|Ryuzi Yoshinoの投稿一覧を見る
吉野竜司

新着記事

よく読まれている記事

ウェブマーケティング研修 Googleアナリティクス研修 ウェブ解析資格対策 ウェブ制作研修 開発/プログラミング研修 マイクロソフトオフィス研修 プレゼンテーション研修

研修に関するご質問」「ご相談」「お見積り

研修に関するご相談、お見積りのご依頼など、下記までお問い合わせください

電話でのお問い合わせ03-6863-4805